· 

LINE相談は電話相談の26倍のニーズ

SNSの相談窓口における相談件数は計5602件に上った。SNSの相談窓口を導入した自治体の相談実施対象校の児童生徒数、相談窓口の開設日数を基に児童生徒1000人当たりの1日の平均相談件数を算出したところ、34.2件だった。文科省の「24時間子供SOSダイヤル」を基にした児童生徒1000人当たりの1日の電話平均相談件数は1.3件で、両者に約26倍もの開きがあった。

 

高まるニーズを受けて、相談員の研修と増員が求められています。その一方で、しっかりとした研究と研修を積み重ねることで、質の向上が必要となります。
今後は民間資格も作っていきます。