· 

国会で、児童虐待防止法 「SNS相談の開設」の附帯決議が全会一致で可決

児童虐待防止法 附帯決議の三「若い世代をはじめ、子育てに悩みを抱える者等が相談・支援につながりやすい仕組みづくりを進めるため、SNS等を活用した相談窓口の開設を進めること。」
東京都が児童虐待相談窓口を電話だけでなくLINEでも行ったところ、電話よりもLINEの方がかなり多くの相談が寄せられた。 若者の「電話からLINEへ」の流れは急速で、いじめ相談ではLINE相談件数は電話相談件数の26倍となっている。 児童虐待防止法においても、各自治体にもSNSを活用した相談窓口を作るべきか?若者が使わない電話だけで限定すべきか?が審議された。 その結果、このような附帯決議が全会一致で可決した。

民間に比べて最も遅れているといわれる行政の相談窓口までデジタル化を国会で推進する事で大きな時代の転換点を迎えようとしています。