· 

国のオンライン学習の敗因と改善策

本日、教育ITソリューションEXPOに行ってきました。
オンライン学習を質の良いものにするには、
①ソフト(動画、問題)
②データ(その学生にあった難易度など)
③ハード(PCやスマホなどの端末)
の順に重要になり、バランスが大事です。
その中で①ソフトも②データもかなり良いものを多くの民間企業が出しています。その上で③ハードのPC端末が最もコストがかかり、民間企業の売り上げが増えます。
様々なロビイングなどもあり、③高額なPC購入費にだけ国の予算が超巨額について、もっと肝心な①ソフト②データは予算がほとんどなく、予算のバランスを完全に欠いてしまいました。
そのため、現場のオンライン学習は、高額で高度なPCだけはあるけど、ソフトやデータがないので、「高いパソコンは来たけど、ほとんど学習の役にたたない」と言われ続けて、失敗に終わった事をもったいないと感じました。
実は、①や②のソリューションも民間に存在しています。これからでも、予算バランスを改善すると、子供たちのためのオンライン学習は、失敗から成功へと転換できます。
画像に含まれてるかもしれへんもの:加藤 幹也
浮世 満理子、Akiko Muraiと他99人
わけわけ2件
ええやん!
つっこむ
わけわけ